フィジーの魅力!留学・ ロングステイが格安で

まだまだ日本からすると、知名度は高くないフィジー。でも、物価が安く、海外留学をするのにアメリカの約1/3ほどの価格でもできることから、人気は着実に高くなってきています。

実は、ロングステイに向いているフィジー、外国人向けのプールつきの邸宅が月々10万円ほどで借りることができます。20万円、30万円払うことで豪邸にも住むことが可能。安くはないものの東京で住んでいる人からすると、「10万円でこんなに広い家に住める!」と感動することもあるとか。庭が広いだけではなく、ジャングルの緑が見え、海が見えることもあり、窓を開放していても隣との距離を気にすることもありません。

そして、経験談を読むと赤ちゃんの面倒を見てくれるシッターを格安で頼むことができるのも魅力。200~250円ほどで依頼ができるので、シッターや、家のことをまかせる家政婦さんを頼んでいる人もいるようです。

プールつきの家も安く借りられますが、プールが家になくても、10分ほどで海岸に行くことができるので、泳ぎたくなったらすぐに海へ。水着のまま出かけることだってできます。1年中常夏のフィジーでは、冬の季節もなく半袖で過ごすことができますから、ふと海辺でヨガをしたくなってヨガウェアに着がえて訪れることだって可能。

リゾートでもあるフィジー。首都のバヌアツでも、海岸のコテージのようなホテルがあります。台風が来ると停電したり、日本とは違う不便さを感じることもあるかもしれません。でも、白いビーチ、海に囲まれた絵に描いたようなリゾート。

しかも、治安がよく、人々が暖かい、強盗、殺人がないことからホームステイ先としても人気急上昇です。

トルコ石のような緑がかった海の色は、一見の価値あり。日本からの海外旅行先としては、そこまでまだ人気ではないかもしれません。でも、逆に言うと、今が狙い目。ホームステイ先として、留学先として、短期駐在先として、これからはフィジーも候補にあげてみてはどうでしょうか。

海外留学・ワーキングホリデーにも適したフィジー 人気の理由は?

フィジーは観光に訪れる人もたくさんいます。それだけではありません。最近では日本人が語学留学をするために来ることもあります。テレビの取材で、フィジーの学校が取り上げられたこともあるようで人気が急上昇中だとか。

その理由は、フィジーの公用語が英語であること、南国のような暮らしやすい気候、そして物価も1/3ほどで安くものが買えることが挙げられます。

まず基礎知識から教えます。

フィジーはオセアニアに位置していて、南半球にあります。季節は1年中が夏のような過ごしやすい季節。半袖で生活ができます。そして、みんなが気さく。外国人にも話しかけてくれる温かい人柄、風土が何よりの魅力です。実際に留学に来た人も、現地の人の温かさに癒されて帰ることが多いみたいです。バスに乗るにも、買い物をするにも英語で話しかけてもらえるので、英語の上達力も高くなります。やはり、日常生活をしていて英語を使わないと上達の近道にはならないようです。

物価も1/3なので、一般的な留学予算より安く訪れることができます。アメリカ留学の予算で3倍の期間フィジー留学をする人や滞在期間を長くする人もいて、おみやげものもたくさん買えるならいいように思いますよね。

日本と比べて、ゲームセンターやコンビニエンスストアなどもなく、キャンプに来ているかのように何もない環境のため、勉強を邪魔する要因もありません。英語を学ぶのにも最適です。

オーストラリアやニュージーランドにも近いので、比較したい人は、フィジーに留学し、オーストラリアやニュージーランドに行く人もいるようです。また、人気のカナダに留学する人も。どの国も現地の人から英語で話しかけてくれることが多いようで、人気の留学スポットです。

英語カリキュラムが学べる短期留学のほか、ワーキングホリデーもあり、リゾートとしてだけではなく、学生や社会人の旅行先としても人気のフィジー。

公用語が英語というのも安心ですね。自然が残るフィジーは、留学先としても人気です。