フィジーの海岸おすすめは?ランキング上位のスポットはここ

フィジー共和国と言って、「ああ!知ってる!」と言う人は日本人だとまだ少数ではないでしょうか。フィジーはオセアニアにある国で、オーストラリア、ニュージーランドに比較的近い場所です。地球儀がある人は、ニュージーランドの北側を見てみてください。ちょうどインドネシアなど東南アジアより東に進んだ海側。フィジーの名前を探すとあります。名前はなんとなく聞いたことがあっても、どこにあるのかわからない人もいると思うので、地球儀があるなら位置を確認してみるのもいいのではないでしょうか。

英語ではRepublic of Fiji。イギリス連邦加盟国で、国旗にもイギリスの国旗のモチーフがほどこされています。首都はスバ。代表的な都市に、バヌアツ、トンガツバルがあります。

フィジーは物価が安く、アメリカの1/3で留学ができるため、語学留学の候補地としても人気。日本人の入国者はWikipediaを調べると、アメリカやイギリスと比べると1%に満たないものの、目的としては語学留学として来る人が多いとか。また、観光地としても人気で、ヤシが茂るビーチは常夏。1年中半袖で過ごせる気候が人気で、海辺のヴィラに宿泊すると目の前のビーチですぐに泳ぐことができる魅力があります。

フィジーは島が多く、サウスシーアイランド、ビーチコンバート島、ティブア島といった島があるほか、天然の鍾乳洞も。鍾乳洞で有名なのがサワイラウケーブ。また、ランデブービーチのような海岸があります。ランキング上位の場所はもちろんですが、宿泊した場所が海岸近くなら、名前がついていないような海岸だってとても素敵な雰囲気で、自然に囲まれた環境に、日本とは違う環境を感じることができます。

360度、どこを見ても海岸線のビーチや、コンビニなどがない環境は、リフレッシュにぴったり。徒歩数分でコンビニのある便利な環境だと、最初は少し不便かもしれませんが、いつもと違う環境を楽しんでみましょう。オプションツアーでダイビング、シーカヤック、フラダンス体験もできます。

海外留学・ワーキングホリデーにも適したフィジー 人気の理由は?

フィジーは観光に訪れる人もたくさんいます。それだけではありません。最近では日本人が語学留学をするために来ることもあります。テレビの取材で、フィジーの学校が取り上げられたこともあるようで人気が急上昇中だとか。

その理由は、フィジーの公用語が英語であること、南国のような暮らしやすい気候、そして物価も1/3ほどで安くものが買えることが挙げられます。

まず基礎知識から教えます。

フィジーはオセアニアに位置していて、南半球にあります。季節は1年中が夏のような過ごしやすい季節。半袖で生活ができます。そして、みんなが気さく。外国人にも話しかけてくれる温かい人柄、風土が何よりの魅力です。実際に留学に来た人も、現地の人の温かさに癒されて帰ることが多いみたいです。バスに乗るにも、買い物をするにも英語で話しかけてもらえるので、英語の上達力も高くなります。やはり、日常生活をしていて英語を使わないと上達の近道にはならないようです。

物価も1/3なので、一般的な留学予算より安く訪れることができます。アメリカ留学の予算で3倍の期間フィジー留学をする人や滞在期間を長くする人もいて、おみやげものもたくさん買えるならいいように思いますよね。

日本と比べて、ゲームセンターやコンビニエンスストアなどもなく、キャンプに来ているかのように何もない環境のため、勉強を邪魔する要因もありません。英語を学ぶのにも最適です。

オーストラリアやニュージーランドにも近いので、比較したい人は、フィジーに留学し、オーストラリアやニュージーランドに行く人もいるようです。また、人気のカナダに留学する人も。どの国も現地の人から英語で話しかけてくれることが多いようで、人気の留学スポットです。

英語カリキュラムが学べる短期留学のほか、ワーキングホリデーもあり、リゾートとしてだけではなく、学生や社会人の旅行先としても人気のフィジー。

公用語が英語というのも安心ですね。自然が残るフィジーは、留学先としても人気です。