フィジーウォーターに入っているケイ素とは?こんな効果が!

フィジーの位置は知らなくても、最近、日本で流行しているのがフィジーウォーター。ヴィクトリアズ・シークレットのモデルをつとめたことがあるミランダ・カーがイメージモデルで、輸入食材店やPLAZA、LOFTなどで扱うようになり、意識高い系の女性にも人気となっています。

ミネラルウォーターは、完全無添加のミネラルウォーターで、人によっては甘味があると感じるほど。そして、日本人によくあう飲みやすい水です。

フィジーウォーターを語る上で、シリカ、いわゆるケイ素は外せません。

ケイ素は、ミネラルの一種です。亜鉛、鉄分といった元素のひとつで、身体の組織に深くかかわっています。このケイ素、髪の毛や爪、骨に含まれていて、人間にはケイ素が必要不可欠。ですが、加齢とともになくなっていき減少していきます。それをミネラルウォーターで補うことができるのならいいような気がしますね。

ミネラルウォーターは、水の中にミネラル成分が含まれていて、飲むと体内に栄養を補うことができます。ただ、マグネシウムやカリウム量が多い硬度の高い製品だと飲みにくいこともしばしば。でも、フィジーウォーターは飲みやすく日本人にも人気です。炊飯、味噌汁、煮物などに使うこともでき、料理に使ったり、温かいお茶として飲んでも大丈夫。水素水など一部のミネラルウォーターでは、早めに飲まないと成分が変わってしまうものもあり、栄養素が効率よく体内摂取できないことがあるので気をつけましょう。

また、ケイ素の効果を調べてみると、多くのメリットがあることがわかります。動脈の弾力を強化するため動脈硬化を予防する効果があったり、免疫細胞などを活性化させて病気をしにくくするはたらきも。肌のたるみを防止するにもケイ素が大切で、毎日の水分摂取でケイ素を摂っていくことで、30代、40代の老化が違ってくるとか。

カルシウムを取っているのに骨粗しょう症になったり、すぐ骨折したりするならケイ素が必要!フィジーウォーターは飲みやすい上、ケイ素を摂っていける製品です。